読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ運営のメモ帳

その日の作業とか気づいたことなどをメモッとくためのブログ

知名度が低くて、これからテレビに出る人を書こうと思ったけど・・・

アクセス数が集まりやすい方法としては、あまり有名ではなくて、これからテレビ番組に出演する人物について書くと良いと、トレンド系のブログなどでは解説されています。

たまたまそういった人物が見つかりまして、なにか記事を書こうと思ったのですが、何を書いたらいいんだ?と、考え込んでしまいました。

自分が好きな有名人のことなら書きやすいけど、興味のない人物は書きづらい。


テレビを見た人が、その人の個人的なことに興味を持つだろうことはなんとなく想像がつく。

しかし、これまでまったくテレビに出たことがないというわけでもないので、すでにその人物について書かれた記事もいくつかあり、名前で検索すると年齢や家族や学歴など、個人情報的なタイトルがつけられた記事が多い。

すでに誰かが書いているようなことを書いても、しょうがないですよね。


リアルタイムで番組をみられるのなら、番組を見なかった人向けに記事を書くこともできますが、リアルタイムでは見られませんし・・・。


単純に自分が感じた第一印象についてなら書けそうだと思ったけど、個人的にはう~ん・・・という印象なので、自分の価値観で書くとなると、ディスる内容になってしまう。思ったことをそのまま正直に書くというのもむずかしい。

今まではほとんど書きたいことしか書いてこなかったので、興味のない物事に関しては、こんなに書きづらいもんなのか・・・と、思い知らされました。



情報を調べている間に、ふとあることに気づく。

検索欄にメインキーワードとなる名前を入力し、次に関連キーワードを入力するのですが、このときキーワード入力補助機能でもいくつかキーワードの候補が表示されます。

他人だったらこういうキーワードを選ぶかなぁ?と想像しながら、候補の中のキーワードを一つ選んで検索してみた。すると、選んだキーワードが記事タイトルにはまったく使われていない検索結果が表示される。

よく検索されるから補助の候補として表示されていると思うんだけど、そのキーワードをタイトルに使って書いている人は、ほぼいないという状態。


何を書いたらいいか迷っているのなら、そういうキーワードから選んで書くというのも一つの方法かな?


名前で検索しても別の人が検索結果にでてしまうくらい知名度が低くて、これからテレビ番組に出演するような人物を書く機会はこれまでなかったので、1回くらいはどんなものかと試してみるのも、良い経験になるかもしれない。

書くことがない!・・・とあきらめかけていたけど、内容がなくてもいいから、とにかくなにか書いてみようと思えるようになりました。

今日中に仕上げるのは厳しいので、明日までになんとか完成させたい。